Month: June 2019
有効成分タダラフィルとは

加齢やストレス、不安、うつ病、偏った食生活や睡眠不足、運動不足、生活習慣病など勃起ができない原因は様々です。 全く勃起しない状態ではなくても、勃起状態を持続できなかったり、性的刺激を受けてもなかなか勃起が始まらないという症状もあり、EDは全ての年齢層の男性に起こり得るものです。 ED治療薬や精力剤には様々なタイプがあります。 有名なものにはバイアグラやレビトラが挙げられますが、「シアリス」は次世代のED治療薬として注目されています。 シアリスの有効成分であるタダラフィルは、服用後の最高血中濃度に到達する時間が他の薬より長く、効果継続時間も長いのが特徴です。 タダラフィルの含有量によって異なりますが、20時間から最高36時間も効果を感じられる人もいます。 また、シアリスは従来のED治療薬に比べて食事の影響を受けにくいのが特徴です。 そのため、服用前の食事の時間を気にしたり、効果が切れる前に急いで性交を終わらせなければ、と焦って緊張することもありません。 食事は、メーカーの発表では800kcalまでなら影響がないということですが、あまりにも脂肪分の多い食事や過度のアルコール摂取は避けるようにしたほうが無難です。 少量のアルコールであれば気持ちを落ち着けることができるので飲んでも構いません。 シアリスはこれまでのED治療薬や精力剤と違って効果持続時間が長いので、精神的な原因で勃起不全になっている人に効果的です。 薬の効果があるうちに全て終わらせなければと気を遣う必要がないのでストレスや不安、うつなどで精神不安定な状態でも落ち着いてゆっくりと時間をかけて性交をすることができます。 シアリスは自然体で受けられるED治療薬を選びたい人におすすめです。

2019年06月26日
シアリスの副作用と発症率を検証

シアリスの特徴としては、効き始めはマイルドに効果が現れだし、数種類ある勃起不全治療薬の中で最も長い効果持続時間を持っています。 個人差によって前後しますが、二十四時間から三十六時間の効果持続時間があるため、金曜日の夜に服用すると日曜日まで作用が持続します。 ウィークエンドピルと呼ばれ一錠で週末を乗り越えられるので、経済的なコストパフォーマンスに優れています。 シアリスは他の勃起不全治療薬と似たような副作用があり、主な症状としては顔のほてりや頭痛、胃の不快感などの症状があります。 シアリスは全ての人に副作用が出る訳では無く、約三割の利用者が副作用を感じます。 他の勃起不全治療薬よりも副作用が出る確率は低くなっています。 副作用としては30%の発症率で長時間の効果を得られるので、初めて利用する方でも安心して服用が可能です。 効果持続時間は長いですが、性的興奮や刺激を伴わなければ勃起状態になることはありません。 興奮や刺激によって体内で感情グアノシンーリン酸が分泌されたときにPDE-5の働きを阻害し陰茎海綿体の血管を拡げ血液が流れ込める状況を作ります。 血液が流れ込むことにより、スポンジ状の海綿体が膨らむことによって勃起します。 心臓や血管の病気を患っていたり、肝機能障害や血圧に異常がある方の場合は服用できない可能性があります。 食事によってシアリスの効果が半減することがなく、800キロカロリーまでの食事なら楽しむことができます。 あっさりとした軽食なら食後に服用することもできます。 効き始めるまでに2時間ほど時間がかかるので、あらかじめ計画的に服用しておく必要があります。 シアリスは利用しやすいのが特徴です。

2019年06月07日