記事一覧
咳止め薬と同時に飲めるシアリス

常用している薬がある人は、風邪を引いても風邪薬を飲むことを躊躇います。 常用薬と風邪薬の成分によっては、予想外の副作用を引き起こす可能性があるので、基本的に同時に飲んではいけません。 ですから、咳が止まらないときに咳止め薬を飲まないのは、正しい判断と言えるでしょう。 しかし、ED治療のためにシアリスを飲んでいる人は、咳止め薬と同時に飲んでも構いません。 総合感冒薬や去痰薬も問題ありませんし、花粉症の薬、鎮痛剤、胃腸薬でも大丈夫なのです。 冬に咳が止まらなかったり、春に花粉症で薬を飲んでいたりしたら、シアリスの服用をやめておこうとするでしょう。 しかし、シアリスは他の薬と同時に飲んでも、問題がないとされているED治療薬なのです。 ただし、シアリスと同時に飲んでも問題がないのは、一部の薬のみです。 たとえば、急性期の胃潰瘍や十二指腸潰瘍で胃薬を飲んでいる人は、シアリスと同時に飲んではいけません。 該当する男性は、シアリスよりも胃薬を優先して、まずは胃潰瘍や十二指腸潰瘍を治療しましょう。 風邪薬や花粉症の薬などは問題なくても、一部の薬を同時に服用すると、大きな副作用を引き起こす恐れはありません。 ですから、シアリスをED治療のために飲んでいるときに、他の病気の薬を飲むことになったら、処方してくれた医師に必ず相談してください。 また、市販の風邪薬を飲むときでも、念のため医師に確認をしておくと良いでしょう。 薬は、素人考えで判断して使ってはいけません。 専門の知識がある医師や薬剤師に相談し、指示通りに飲むことが大切です。 指示を守って慎重に飲んでいれば、大きな副作用に悩まされることなく、EDを治療することができます。

2019年09月05日
シアリスの効果の噂をきちんと検証する

ED治療薬に関する噂の中には、真実ではない情報が多く含まれています。 シアリスは、ED治療薬として非情に効果の高い薬として役に立つものですが実際の効果はどのようなものなのでしょうか。 シアリスは、ED治療薬の中でも最も優れた薬と言っても過言ではありません。 何故かというと、日本で入手することが出来るED治療薬中でも最も効果期間が長く、かつ副作用が生じないものだからです。 まず、ED治療薬を使うときにはその副作用に関してきちんと理解をしておかなくてはいけません。 ED治療薬を服用するときには、ほとんどの場合で副作用が生じます。 実際、世界で最も有名なED治療薬であるバイアグラを利用すると約9割の人が副作用に見舞われます。 この副作用には風邪の初期症状のような作用が生じることが普通で、後はノドがかわくような現象も見られます。 しかし、同じED治療薬であってもシアリスに関してはそのような症状がほとんど見られません。 実際に、シアリスを利用した勃起不全の患者に対して生じた副作用の割合は約2割から3割程度になっており、ほとんどの人が身体に影響を与えることなく勃起を改善できるのです。 なぜシアリスだけがこのように副作用を小さく出来るのでしょうか。 それは、成分の違いにあると言えます。 バイアグラのようにED治療薬が開発された初期に販売されたものは需要として即効性のあるものが求められました。 そのため、成分を少し強くしてより早く効果を実感できるようにしたのです。 反対に、シアリスの場合は有効成分を少し緩くして出来るだけ長い時間を楽しめるようにしています。 そのため、効果の持続時間が約35時間程度は持ちますし身体に負担を与えないようにしているのです。

2019年08月08日
三大ED治療薬を比較

日本国内で正式に認可されているED治療薬は三つです。 バイアグラ、レビトラ、そしてシアリスです。 どの治療薬もED治療に大きく貢献できる薬ですが、効能や本人の体質によって使い分けることも大切になるため、これらの比較は非常に大切になります。 バイアグラは、日本で最初に認められたED治療薬のことを言います。 後発的なED治療薬として世界で最も有名な治療薬であるため、統計的なデータでも利用している人が最も多い薬です。 持続時間も5時間以上と長いため、安心して利用することができます。 レビトラというのは、バイアグラが開発された後に研究が進められた薬で、二番目に国内での販売が許されたED治療薬です。 バイアグラとの違いは、バイアグラよりも人間の身体に対する食事による副作用が抑えられていることです。 時間帯を気にせずに服用することができるため、やはり安全性が高い治療薬と言えます。 そして、最後に開発されたのがシアリスです。 シアリスの特徴は、なんと言ってもその持続時間の長さだと言えます。 バイアグラやレビトラの持続時間はどれだけ長くても10時間を超えることは稀なのですが、シアリスの場合は24時間以上の持続時間を誇っています。 また、レビトラと同様に食事による効果の減退を抑えることができるため、世界中で人気を集めている薬なのです。 三つの薬はどれもED治療にとって欠かせないものですが、外的な刺激によって勃起を引き起こさなくてはいけないことに変わりはありません。 性交渉をするときには食事のタイミングを考えて、かつ薬に悪影響を与えるアルコールなども控える必要があります。 身体にあった治療薬を選ぶことで、必ずEDを治療することができるのです。

2019年07月23日
有効成分タダラフィルとは

加齢やストレス、不安、うつ病、偏った食生活や睡眠不足、運動不足、生活習慣病など勃起ができない原因は様々です。 全く勃起しない状態ではなくても、勃起状態を持続できなかったり、性的刺激を受けてもなかなか勃起が始まらないという症状もあり、EDは全ての年齢層の男性に起こり得るものです。 ED治療薬や精力剤には様々なタイプがあります。 有名なものにはバイアグラやレビトラが挙げられますが、「シアリス」は次世代のED治療薬として注目されています。 シアリスの有効成分であるタダラフィルは、服用後の最高血中濃度に到達する時間が他の薬より長く、効果継続時間も長いのが特徴です。 タダラフィルの含有量によって異なりますが、20時間から最高36時間も効果を感じられる人もいます。 また、シアリスは従来のED治療薬に比べて食事の影響を受けにくいのが特徴です。 そのため、服用前の食事の時間を気にしたり、効果が切れる前に急いで性交を終わらせなければ、と焦って緊張することもありません。 食事は、メーカーの発表では800kcalまでなら影響がないということですが、あまりにも脂肪分の多い食事や過度のアルコール摂取は避けるようにしたほうが無難です。 少量のアルコールであれば気持ちを落ち着けることができるので飲んでも構いません。 シアリスはこれまでのED治療薬や精力剤と違って効果持続時間が長いので、精神的な原因で勃起不全になっている人に効果的です。 薬の効果があるうちに全て終わらせなければと気を遣う必要がないのでストレスや不安、うつなどで精神不安定な状態でも落ち着いてゆっくりと時間をかけて性交をすることができます。 シアリスは自然体で受けられるED治療薬を選びたい人におすすめです。

2019年06月26日
シアリスの副作用と発症率を検証

シアリスの特徴としては、効き始めはマイルドに効果が現れだし、数種類ある勃起不全治療薬の中で最も長い効果持続時間を持っています。 個人差によって前後しますが、二十四時間から三十六時間の効果持続時間があるため、金曜日の夜に服用すると日曜日まで作用が持続します。 ウィークエンドピルと呼ばれ一錠で週末を乗り越えられるので、経済的なコストパフォーマンスに優れています。 シアリスは他の勃起不全治療薬と似たような副作用があり、主な症状としては顔のほてりや頭痛、胃の不快感などの症状があります。 シアリスは全ての人に副作用が出る訳では無く、約三割の利用者が副作用を感じます。 他の勃起不全治療薬よりも副作用が出る確率は低くなっています。 副作用としては30%の発症率で長時間の効果を得られるので、初めて利用する方でも安心して服用が可能です。 効果持続時間は長いですが、性的興奮や刺激を伴わなければ勃起状態になることはありません。 興奮や刺激によって体内で感情グアノシンーリン酸が分泌されたときにPDE-5の働きを阻害し陰茎海綿体の血管を拡げ血液が流れ込める状況を作ります。 血液が流れ込むことにより、スポンジ状の海綿体が膨らむことによって勃起します。 心臓や血管の病気を患っていたり、肝機能障害や血圧に異常がある方の場合は服用できない可能性があります。 食事によってシアリスの効果が半減することがなく、800キロカロリーまでの食事なら楽しむことができます。 あっさりとした軽食なら食後に服用することもできます。 効き始めるまでに2時間ほど時間がかかるので、あらかじめ計画的に服用しておく必要があります。 シアリスは利用しやすいのが特徴です。

2019年06月07日
シアリスの正しい服用方法

シアリスは効果の持続時間がとても長いことで知られる、勃起不全改善薬です。 このシアリスを活用して性生活を充実させることができるようになった人も多いと思いますが、これから初めて服用される方は、注意点を守って服用しなければなりません。 一つは、シアリスの服用における注意点です。 例えば、シアリスは効果の高いバイアグラですが、効果を最大限に発揮させるためには、行為の直前に飲むのではなく、薬の血中濃度のピーク時に飲まなければなりません。 そのピーク時は平均で服用後3時間前後といわれていますが、このピーク時を外すと十分な効果を得ることができなくなります。 効果そのものは24時間持続しますが、最大限に効果が発揮されるのは薬の血中濃度のピーク時であることを覚えておきましょう。 また、十分に効果を与えるためにはなるべく空腹時に服用することが大切です。 これは薬の吸収性を良くするためです。 お腹が食事で満たされていると、吸収性が悪くなり効果が減るといわれています。 特に油分の多い食事は阻害する力が強いので注意しましょう。 さらに、過度な飲酒も薬の効果を与えるのに障害となります。 適度な量であれば問題ありませんが、過度な飲酒は勃起障害を引き起こすことがあり、薬を服用しても十分な効果が現れません。 よって服用前にアルコールを多量に飲むことは避けましょう。 さて、シアリスは最初から服用できない人もいます。 例えば、硝酸剤又や一酸化窒素供与剤などを投与中の患者や、重度の肝障害のある患者、心筋梗塞既往歴が最近3ヵ月以内にある患者などです。 こうした人は服用そのものができませんので、注意してください。 他に、副作用や併用できなく薬などもありますので、そうしたことも前もって確認しておくようにしましょう。

2019年05月24日