三大ED治療薬を比較

2019年07月23日
多様な薬と瓶とすり鉢

日本国内で正式に認可されているED治療薬は三つです。
バイアグラ、レビトラ、そしてシアリスです。
どの治療薬もED治療に大きく貢献できる薬ですが、効能や本人の体質によって使い分けることも大切になるため、これらの比較は非常に大切になります。

バイアグラは、日本で最初に認められたED治療薬のことを言います。
後発的なED治療薬として世界で最も有名な治療薬であるため、統計的なデータでも利用している人が最も多い薬です。
持続時間も5時間以上と長いため、安心して利用することができます。

レビトラというのは、バイアグラが開発された後に研究が進められた薬で、二番目に国内での販売が許されたED治療薬です。
バイアグラとの違いは、バイアグラよりも人間の身体に対する食事による副作用が抑えられていることです。
時間帯を気にせずに服用することができるため、やはり安全性が高い治療薬と言えます。

そして、最後に開発されたのがシアリスです。
シアリスの特徴は、なんと言ってもその持続時間の長さだと言えます。
バイアグラやレビトラの持続時間はどれだけ長くても10時間を超えることは稀なのですが、シアリスの場合は24時間以上の持続時間を誇っています。
また、レビトラと同様に食事による効果の減退を抑えることができるため、世界中で人気を集めている薬なのです。

三つの薬はどれもED治療にとって欠かせないものですが、外的な刺激によって勃起を引き起こさなくてはいけないことに変わりはありません。
性交渉をするときには食事のタイミングを考えて、かつ薬に悪影響を与えるアルコールなども控える必要があります。
身体にあった治療薬を選ぶことで、必ずEDを治療することができるのです。